FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
小説もどき こったて調査団!プロローグ
2013-09-23 Mon 13:37
タイトルは
『骨立の調査団~水晶の物語~』です
ぽけぷよ魔導の探検隊のあとの話の予定
注意
・まだプロローグなのでそこまでではありませんがいくつかの視点を同時に進めるため時間軸がわかりにくいです
本編から時間軸を初めに表記することにします。(〇日目 〇〇時〇〇分 のように)
・性格を理解しきっていないキャラばかりなのでキャラ崩壊がすさまじいとおもいます。
・設定は
アルフたち・・・もちかえった果実をどうにかするところ(IF的な)
オリマーたち・・・2の後の後くらい
まどたん組・・・最後の事件解決ご(そもそもまどたんはおわっていない)
にはなります。
どうして持ち帰ったかは(省略しないとまずいので略)
会話系のネタバレを含んでしまいましたができるだけ少なくはしていこうとおもいます。
2までは遠慮なくしてしまうので注意
・キャプテン、更新完了しました!byアルフ

・もういいですよね?
続きを読む、からどうぞ。



















_______________________________この先、話の始まり。____________________________________
プロローグのプロローグ『リバイアズ』

-リバイアズ。それはかつて 一つの世界を救った探検隊。
今ではギルドの名前としてつかわれています。

そんなリバイアズのメンバーは
魔導師のアルルに
闇の魔導師のシェゾ
そして臨時で闇の貴公子のサタン。

彼らの目的は、自分たちのいたプリンプに帰ることでした。
サタンの必死の調査により、ようやく帰るためにはある門をくぐる必要があることがわかりました。
やっとプリンプへ帰れる。そう思っていたのですが・・・

しかし、それを邪魔したのが黒い影。
そう、エコロです。
彼は一応プリンプにはいますがその世界でも一回大きなことをやらかしていました。
今回はまたアルルに乗り移りサタンとシェゾ以外のみんなをスイショウに閉じ込めてしまいました。
理由は「帰りたくなかった」それだけでした。

そのごエコロは思いっきりどこかへと逃げ去っていきます。
無事だったサタンとシェゾは大弱り。
たったふたりでそこそこ広かったこの世界を探すのは一苦労。
探し物のプロでもいない限りは・・・なんて考えてしまうほどです。
そんな時、色々な別の世界を調べていたサタンがある二組をみつけました。

一つは 未知の星でお宝をあつめきった二人。

そしてもう一つは 食糧をさがしきった三人。

「そもそも別の世界を探せる力があるのなら
エコロもみつかるだろ」
というシェゾのつっこみも頭に入っていないサタンは
彼らにかけてみることにしたのでした。






_________________________________________


プロローグの一 「運送会社が臨時休業」

舞台はどこかにあるホコタテ星へとうつります。
ホコタテ星の某所に「ホコタテ運送」なる会社がありました。

その会社の社長であるル・シャチョーは
いつもは社員であるオリマーやルーイに
指示をだしてキリキリと働かせていました。少し口うるさいくらいに。

でも今日は平日だというのに社長がやってきません。
「おかしいな・・・いつもならそろそろ社長がきてもいい頃なんだが」
早めに来ていたオリマーは不思議そうにそらを眺めていました。
その後、ルーイが少し遅れてやってきました。
しかし、まだ社長がくる気配さえありません。
代わりにやってきたのは。

『オリマーさん!ルーイさん!大変なんです!社長が!社長がッ!!』
ドルフィン初号機のみでした。
初号機はガーピーいわせていていかにも慌てているようすでした。
「と、とりあえず落ち着いてくれ!」
オリマーはそんな初号機をおちつかせようとしましたが
『落ち着いていられますか!社長が大変なんです!きてくださいよ!』
このままではオーバーヒートしかねない勢いです。
二人は慌てて社長の家へといそぎました。

社長の家に着いた時、二人の目に飛び込んできたのはあり得ない光景でした。
社長が水晶に閉じ込められていたのです。
「いったいこれは・・・?」
オリマーが初号機に事情をききます。
『社長のところにいきなり黒いカゲがやってきてしばらくしたらああなっていたんです!』
「にわかに 信じられない…。」
初号機の発言にぽつりとつぶやくルーイ。
『そ、そうでしょうけどこれが事実、現実なんです!
・・・とにかく!しばらくホコタテ運送は 休業です!』
「ちょ、ちょっとまってくれ・・・」
オリマーがそうつぶやく暇もなく初号機とルーイは帰っていってしまいました。
「・・・私も帰るか」

水晶に閉じ込められてしまった社長。
物語は関係なさそうな人まで巻き込んでいきます・・・。







_________________________続く___________



あとがき1
・・・ピクミン3のネタバレもなにも
まだアルフくんたちが登場していないというね。
これじゃあネタバレの心配もないかな(笑)
いかがでしたでしょうか。
すくなくとも今書いているまどたんよりはましじゃないかなとおもいます
改行の仕方をかえてみましたし。
とはいえまだまだ・・・ばかりであったり
表記に色々ブレがあったりと
疎い文章ですが
次回もよんでいただけると、コメントをくださると
とてもうれしいです。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
別窓 | 文系(まどたんシリーズ) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<今日のブリトニーさん 連休編 | 明日、あさって、そのつぎも・・・。 ブログばん | 今日のブリトニーさん 9がつ23にち>>
コメント:

コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック:

トラックバック URL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
  • | 明日、あさって、そのつぎも・・・。 ブログばん |

    カウンター。~来てくれたひと、本当にありがとう!~

    キリ番は自由です。ご自由に(やるひといないだろうけどね☆) ※数字部分はフリー素材サイト様のものです。 (もはや数は参考にならない)

    5000超えてたありがとう。 10000行ったらなにかするわ。

    リンク

    リンクフリーです 報告があればこっちもするようにします。

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。